MENU

北海道⼤学病院のNIPT検査の口コミ評判は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

北海道⼤学病院のNIPT検査の口コミ評判についてまとめます。

北海道⼤学病院って?NIPT検査の特徴は?

正常分娩も受け入れ可能

北海道⼤学病院ではハイリスク妊娠の方でない、正常分娩の方も受け入れが可能です。大学病院をはじめとした総合病院ではハイリスク妊娠の方のみを受け入れとしている場合が少なくありません。設備的・人的に余裕のある大学病院で妊娠管理ができることは多くの方にとって安心ではないでしょうか。

NIPT基幹施設

北海道⼤学病院はNIPT基幹施設として認定されており、同院でNIPT検査を受けるためには「遺伝出生前診断外来」を受診する必要があります。検査期間は妊娠10週0日~妊娠16週6日の間で一般的な認可施設と比較すると検査可能期間はやや長いと言えるでしょう。

妊娠・出産に関する不安や悩みに対して、専門的なカウンセリングやサポートが提供されます。また、産後のケアや育児支援も充実しています。

北海道⼤学病院の口コミと評判

北海道⼤学病院の口コミと評判をチェックしてみましょう!

北海道⼤学病院の良い口コミ

Googleユーザー
[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

紹介状もらいこの間生後4ヶ月の娘を連れて行きました!広いので迷うかと思いましたが案内もスムーズで整形外科にかかったのですが受付の方も診察、レントゲン含め先生方も親切で有難かったです。1日たくさんの方相手にしているはずなのにきちんと短時間でも確認は行ってくれて不安もありません。

出展:Googleマップ

Googleユーザー
[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

婦人科に通っています。手術もして頂きました。
さすが北大病院だと思います。とても手術が
丁寧で上手で本当にこちらで手術をして頂き
感謝しています。ありがとうございます。
先生も良い先生で気さくで優しく、事務的ではなくて最高に良い先生です。先生いつもありがとうございます。助かっています。

出展:Googleマップ

北海道⼤学病院の悪い口コミ

Googleユーザー
[jinstar1.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

子供の受診付き添い。昔ながらの混んでいる待合所で名前を呼ばれるのをひたすら待つ。じっと座っていられない人には辛い。

出展:Googleマップ

Googleユーザー
[jinstar1.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

卵巣が10cmと診断され北大受診しました。足組んだ紫服の女医が居たことにもビックリしたけど、男性医師に診察台にあがり内診してもらってると モニターを見ながら「△✖️●だねハハハ」と笑われた事未だに忘れられません。乳飲み子の息子がいる中お腹に傷ができる心配と怖さでショックの大きい中!あれは無い。(後略)

出展:Googleマップ

北海道⼤学病院のNIPT検査費用は?

北海道⼤学病院のNIPTの費用は次のとおりです。

検査項目税込金額
基本検査
(13,18,21トリソミー)
95,000円

別途初診料10,193円~が必要です。

北海道⼤学病院のNIPT検査結果はいつ分かる?

結果は約8日後に分かるようです。認可施設の多くは約2週間後に結果開示としているためやや早く結果が分かると言えるでしょう。

北海道⼤学病院のアクセス

北海道⼤学病院のアクセスは次のとおりです。

住所アクセス
〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目
・JR「札幌」駅→徒歩15分
・地下鉄「南北線北12条」駅→徒歩6分

北海道⼤学病院のNIPT検査はどんな人におすすめ?

北海道⼤学病院をおすすめする人としない人をチェックしておきましょう!

北海道⼤学病院をおすすめする人

  • 北海道に在住している方
  • 基本検査(21、18、13トリソミー)のみの受検を検討している方
  • ハイリスク妊娠の方

北海道⼤学病院は認可施設となるため、NIPT検査項目は基本項目となる3項目のみです。また総合周産期母子医療センターに指定されているため、ハイリスク妊娠の方への対応も可能です。

北海道⼤学病院をおすすめしない人

  • 病院までアクセスの悪い方
  • 性別判定も含めて検査したい方
  • 口コミの多い医療施設でNIPT検査を受けたい方

北海道⼤学病院はNIPT認可施設ということもあり、良くも悪くも一定水準の質であることは間違いないでしょう。認可施設での検査の場合、性別がわかる性染色体検査はありませんので希望される方は他院を含めて検討しましょう。

北海道⼤学病院のNIPTについてまとめ

北海道⼤学病院は正常妊娠の方も受け入れが可能です。設備的・人的余裕のある環境で出産を臨まれている方にはよいでしょう。NIPT基幹施設にも認定されており、妊娠10週~妊娠16週の間の妊婦さんが対象です。

今回は北海道にある北海道⼤学病院についてご紹介しました。検査項目やサポート体制など何を重視したいのかを考え、検討を進めてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!